Home > RFID(新タイプHF帯)

新タイプHF帯RFIDシステム

はじめに

RFIDシステム概要            

                      
RFIDシステムはHF帯(短波)の周波数帯の13.56MHzを用いる電磁誘導方式と、UHF帯(極超短波)の周波数帯の900MHzを用いる電波方式に大別されます。135KHz以下(長波帯、LF帯)のRFIDシステムもありますが、通信距離が数十センチと短く、アンテナが大きいなど、メリットが少なく使われなくなっています。また、2.45GHz帯のマイクロ波帯もありますが、無線LANなど既存システムでも利用されているので既存システムとの電波干渉を考慮する制約があります。
HF帯RFIDシステム

 

銀行系やSUICAなどICカードに利用されているように、アンテナとの距離は近距離が要求され、一般的にはタッチすることで利用されます。読み取り精度は高い一方、指向性があるため、例えばSUICAをタッチするときに垂直にタッチしても読み取ってくれません。また、一度に複数のカードを読み取ることも困難です。このような特性があります。
UHF帯RFIDシステム

 

 

アンテナとの距離は電波が届けばよいので数メートル離れていても読み取ることができます。複数同時読み取りも可能ですが、電波を遮蔽するものが存在すると使用できず読み取り漏れを生じます。距離が離れていても可読できる特性から、生産現場、商品管理、物流など、数量把握や商品特定する目的で使われています。しかし、読み取り精度が完全ではないことが致命的で、数量把握や商品特定を漏れなく行うためには、RFIDシステムに加え、何らかの手立てを講じることが要求されます。

新タイプHF帯RFIDシステム(当社が独自開発したオリジナル技術を適用したHF帯RFIDシステム)

当社は、磁界コントロール技術をHF帯RFIDのアンテナ開発に適用し、読み取り漏れゼロ、無指向性(垂直タッチも読み取り可能)、読み取り距離最大約70cmを実現する、これまでにない性能を有する「新タイプHF帯RFIDシステム」を完成しました。この新タイプHF帯RFIDシステムは、現存するシステムでは不可能な、重ねたタグの読取も可能で、読取り漏れもありません。これまでの常識を覆した画期的でありながら実用的なRFIDシステムなのです。
 

従来のRFIDシステムとの比較を、表とレーダーチャートで示します。
   comparison_table.jpg

 レーダーチャート.jpg